• TOP
  • 研究開発一覧
  • 次世代空モビリティの安全認証および社会実装に求められる性能評価手法に関する研究開発

次世代空モビリティの安全認証および社会実装に求められる性能評価手法に関する研究開発

本研究開発に関する活動状況・お知らせ、関係リンク

研究開発の概要

実施体制

提案者:国立大学法人東京大学(①②③④)、国立大学法人長岡技術科学大学()国立大学法人筑波大学()
Intent Exchange 株式会社()再委託:一般財団法人日本海事協会(①)、公立大学法人会津大学(①) 、株式会社電通国際情報サービス(①②③) 、国立大学法人一橋大学(②)、学校法人慶應義塾(②) 、国立研究開発法人産業技術総合研究所(④)、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 電子航法研究所(④)、国立情報学研究所(④)

契約種別

委託

研究開発の概要

次世代空モビリティの許可承認や運用に必要な、安全性に関する証明/認証方法を研究開発し、航空業界の標準化のコミュニティと協調し、国内外で標準化活動を実施する

①無人航空機の第一種/第二種の機体認証の認証ガイドラインの開発
②無人航空機の運用に必要な安全管理に関する研究開発
③無人航空機のフライトシミュレータの安全認証に必要な要件の研究開発
④無人航空機の運航の安全性の評価法の研究開発

 

事業紹介資料

下の画像をクリックすると、資料が開きます

中間目標(2024年度)

① 第二種の無人航空機に対応した許可承認のためのガイドラインの完成を目指す
② 分野別安全として1例を取り上げ、レベル3に対応するガイドを作成
③ 訓練用シミュレータに求められる要件抽出とシミュレータ試作を完了する
④ 1対1から1対多の対応

最終目標(2026年度)

① 第一種の無人航空機に対応した許可承認のためのガイドラインの完成を目指す
② 分野別安全として災害対応、測量、点検、物流、農業等に対応した、無人航空機のレベル4に対応するガイドを作成
③ 実証実験を行い、抽出した要件の妥当性確認を完了する
④ m対nの対応

研究開発の成果

研究開発成果

1.成果報告会

ReAMoプロジェクトシンポジウム2023(動画

(上の画像をクリックすると、資料が開きます)

2.報告書

(DRESSプロジェクト)無人航空機の第二種認証に対応した証明手法の事例検討WG活動報告書

(上の画像をクリックすると、資料が開きます)

サイト利用

著作権について

リンクを希望される方へ

免責事項

プライバシーポリシー

情報の取得

当サイト(https://reamo.nedo.go.jp)で提供するサービス(各種お問い合わせの受付等)において利用者から個人を特定できる情報を取得することがあります。取得の際にはその利用目的を明示し、取得した個人情報は利用目的の範囲内で適切に取り扱います。
なお、取得する個人情報は、当サイトの各サービスを提供するにあたり必要な項目で、例えば次のようなものがあります。

・氏名
・所属機関
・住所、郵便番号
・電話番号
・E-mail
・その他、サービス提供に不可欠な事項

情報の利用範囲

当サイトでは、利用者から取得した個人情報は、あらかじめ明示した利用目的の範囲内で利用します。また、第三者への提供は、以下の場合を除き、一切行いません。

・法令等に基づき要請された場合
・公開すべき場合でかつ、本人の同意がある場合
・守秘義務契約を結んだ業務委託先などへ利用目的範囲内で個人情報を提供する場合

アクセスログについて

当サイトでは、利用者が使用するIPアドレスを含むアクセスログの記録を行っていますが、IPアドレスにより個人が特定されることはありません。アクセス数などの統計分析以外の用途には使用しません。統計分析結果により利用者のアクセス傾向を把握し、今後の当サイト運営の参考とするために使用します。

個人情報の管理

当サイトは、取得した個人情報について厳重に管理し、紛失・漏洩・悪用・改ざん・不正アクセス等の危険防止のために必要な処置を講じます。なお、当サイトの運用については外部に委託することがありますが、委託先においても収集した情報の適切な管理のための必要な措置を講じます。

プライバシーポリシーの変更

このプライバシーポリシーは予告なく変更することがあります。変更した際には当サイト上に掲示します。