ドローンの1対多運航を実現する適合性証明手法の開発

本研究開発に関する活動状況・お知らせ、関係リンク

研究開発の概要

実施体制

PwCコンサルティング合同会社

契約種別

委託

研究開発の概要

①事例調査

国内、海外における1対多数機運航事例の調査及びにとりまとめを実施する。

②関係者調整

研究開発項目①(4)の事業者の航空法関連許可申請作業サポートを目的として、現行法上の1対多運航飛行申請時の論点を関係者と議論し、体系化する。また、将来の法規制のあり方についても議論を実施し、方針のとりまとめを行う。

③勉強会の運営

関係者と議論を行ったConOps等の事業者策定項目やハザード特定手法等の適合性証明手法の策定方針を示し、議論を実施する事を通じて適合性証明手法の検討・策定を行う。

④適合性証明ガイドライン策定

①から③の結果を集約し、適合性証明ガイドラインの策定を行う。

最終目標(2024年度)

1対多運航を実現する「適合性証明手法のガイドライン」を策定する。

研究開発の成果

研究開発成果

1.成果報告会

ReAMoプロジェクトシンポジウム2023(動画

(上の画像をクリックすると、資料が開きます)

2.1対多運航に係る海外制度 - 米国BVLOS Exemption説明会

参考資料:1対多運航に係る海外制度 - 米国BVLOS Exemption説明会資料

3.勉強会

参考資料:勉強会資料 総集編

サイト利用

著作権について

リンクを希望される方へ

免責事項

プライバシーポリシー

情報の取得

当サイト(https://reamo.nedo.go.jp)で提供するサービス(各種お問い合わせの受付等)において利用者から個人を特定できる情報を取得することがあります。取得の際にはその利用目的を明示し、取得した個人情報は利用目的の範囲内で適切に取り扱います。
なお、取得する個人情報は、当サイトの各サービスを提供するにあたり必要な項目で、例えば次のようなものがあります。

・氏名
・所属機関
・住所、郵便番号
・電話番号
・E-mail
・その他、サービス提供に不可欠な事項

情報の利用範囲

当サイトでは、利用者から取得した個人情報は、あらかじめ明示した利用目的の範囲内で利用します。また、第三者への提供は、以下の場合を除き、一切行いません。

・法令等に基づき要請された場合
・公開すべき場合でかつ、本人の同意がある場合
・守秘義務契約を結んだ業務委託先などへ利用目的範囲内で個人情報を提供する場合

アクセスログについて

当サイトでは、利用者が使用するIPアドレスを含むアクセスログの記録を行っていますが、IPアドレスにより個人が特定されることはありません。アクセス数などの統計分析以外の用途には使用しません。統計分析結果により利用者のアクセス傾向を把握し、今後の当サイト運営の参考とするために使用します。

個人情報の管理

当サイトは、取得した個人情報について厳重に管理し、紛失・漏洩・悪用・改ざん・不正アクセス等の危険防止のために必要な処置を講じます。なお、当サイトの運用については外部に委託することがありますが、委託先においても収集した情報の適切な管理のための必要な措置を講じます。

プライバシーポリシーの変更

このプライバシーポリシーは予告なく変更することがあります。変更した際には当サイト上に掲示します。